ハーフ顔に憧れているならクオーレのカラコンを使ってみよう

目元を隠せるアイテムです

婦人

レンズにもこだわろう

メガネをおしゃれに楽しむ人は、レンズにもこだわりを持っています。視力が低下した人は度付きで作成しますが、伊達メガネとして度無しレンズを入れて掛ける人も多多数います。その中に入れる伊達メガネ用レンズには、反射防止コートが付いているものと付いていないものがあります。通常度付きにする場合、反射防止コートを付けて光がレンズに当たった際の眩しさを軽減させます。しかし伊達メガネの場合、あえて反射防止コートを付けないことで目元がレンズが反射することによってわかりにくくなる効果を使います。レンズの表面が光るため、奥の目元に視線が届きにくくなります。化粧を落とした後に外出したいときにはこの反射防止コートの無いメガネが有効です。

視線が気になりません

メガネを更におしゃれにするために、レンズを染色してもらう事も出来ます。その日のカラーリングに合わせてレンズカラーもおしゃれに楽しむことができます。アイラインを引くようにレンズカラーで化粧をした印象が出るため、薄化粧の時や体調がすぐれない時には血色良く見せる事ができます。目元をあまり見せたくないけれども大きなサングラスを掛けるのは仰々しいと感じる人は、ミラーコートを施すとよいでしょう。サングラスの表面に鏡が張ってあるのを良く見かけますが、カラーを薄くしてミラーコートを施すと視界は明るく、目元をしっかりブロックすることができます。クールに決めたいときに効果的なおしゃれアイテムになります。フレームだけでなくメガネはレンズにもこだわりを持って選びましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加