ハーフ顔に憧れているならクオーレのカラコンを使ってみよう

見せたい自分を作り出そう

眼鏡

第一印象が決まります

洋服を環境によって着替えるように、眼鏡にも使う状況で選び方が変わってきます。自宅では掛け心地の良いリラックスできるメガネでも、職場では知的な雰囲気を醸し出すメガネに着替えた方が仕事と休みのメリハリが出せます。特に仕事ではその職種によって演出したいイメージが異なるため、どのように見せたいかを考えながら選び方を工夫していきましょう。接客業でいつも第一印象が大切な仕事では、人当たりの良い優しい色合いが向いています。肌馴染みの良い茶やワイン系の暖色は、ソフトな印象を与えます。また、眼鏡の縦幅はあまり大きすぎるとカジュアル感が強くなるため、やや細身のものを選ぶと知的な印象を与えます。スーツなどにも合わせやすいメタルフレームがお勧めです。

どのように演出しますか

顔が童顔で優しすぎるとお悩みの時には、角が張っているメガネを選びましょう。眉の形状に平行になるようにフレーム上部の形状を合わせると相性がさらに高まります。スクエア型やウェリントン型は知的さも生まれ、説得力が増す傾向にあります。女性で顔のフェイスラインをカバーしたいときには選び方を考えましょう。小さすぎるメガネを選ぶとフェイスラインを強調させてしまうため、やや大きいサイズを選ぶと小顔効果が期待できます。また、黒やグレーなど濃いめの色合いを選びことで顔が引き締まった印象になります。メタル素材からプラスチック素材に替えるだけでも素材の柔らかさがソフトな感じを醸し出してくれます。メガネの選び方は、まずどのように見せたいかを定めてから掛けてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加